性感染症

セックスで感染する病気のことで、クラミジア・淋病・性器ヘルペス・トリコモナス膣炎・カンジダ膣炎・細菌性膣症・コンジローマ・梅毒・エイズなどのことです。女性の場合まずたいてい、おりものの色や臭いに変化が現れ量も増えます。また外陰部のかゆみや痛み、できものなどがあれば感染の可能性が高いでしょう。出来るだけ早く診察を受けて正しい治療を受けてください。感染が確認されれば、パートナーである男性の治療も必要になります。クラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダはおりものによる検査です。梅毒やエイズ (HIV 感染) は血液の検査、ヘルペスは細胞診断による検査です。なお、エイズの検査はお近くの保健所でも受けられます。無料・匿名ですので保険証もいりませんし、住所氏名などを言う必要もありません。