更年期障害・骨粗鬆症

閉経は女性なら誰でも経験する自然な現象で病気ではありません。しかし閉経前後に起こる肩こり・疲労・発汗・うつ的な気分・冷え・のぼせなどの身体症状が強いと毎日の生活に支障が出ることもあります。

またこれらの症状が更年期障害によるものであることに気づかないで、内科などを受診しておられる方も多いようです。これらの不快な症状はホルモン補充療法で著しく軽減することが出来ます。40 代 50 代の女性だけでなく 60 代から 70 代の方にも有効です。使用する薬剤も飲み薬 (錠剤) 貼り薬 (パッチ剤) 塗り薬 (ジェル剤) などいろいろな種類があります。ホルモン補充療法には一般的には女性ホルモンを用います。骨粗しょう症の予防にもなり、更年期からの人生を快適でみずみずしいものにするためにぜひ一度ご相談ください。また、当院ではアメリカなどで広く行われている男性ホルモンによる治療も行っています。詳しくはリンクの項目をご覧ください。