がん検診

子宮頸がん

子宮頸がんはかつて中高年の女性の疾患とされていましたが、現在では 20 代の女性に見つかることも珍しくなくなってきました。これは子宮頚がんが性交渉で感染するヒト・パピローマ・ウイルス (HPV) と密接な関係があるためです。現在では 20 歳以上の女性には細胞診という方法でがん検診を行うことがすすめられています。

また最近ではパピローマ・ウイルスの存在そのものを検査することが出来るようになりました。将来がんになる危険がどの程度あるのかといった予測が一段と確実に可能になりましたので、当院でも積極的におすすめしています。また、当院では子宮頸がんと同時に子宮体がんや卵巣がんの超音波エコー検査も行っています。松江市民には「がん検診の受診券」 のお知らせの葉書が毎年6月以降に届きますので、診察の時には必ずご持参ください (松江市の補助があります)。紛失した方は市役所で再発行してもらえます。また、20 歳から 5 年刻みに無料クーポン券が発行されていますので葉書をご確認下さい。当院では、院長が臨床細胞学会認定の専門医 (細胞診指導医) として、検査・診断にあたっています。乳がん検診 (超音波エコー検査と触診指導) も子宮がん検診と同時にいつでも受けられます。

子宮頚がん検診 (細胞診)は、自己負担 1,100 円、HPV 検査は 700 円で受けられます。

平成 23 年 2 月 1 日から、中学生を対象に公費負担による頚がん予防ワクチンの無料接種が始まりましたが、副反応を疑われる現象が認められたので、接種の積極的な勧奨は現在のところ一時中止されています。しかし日本産婦人科学会などの専門団体は安全性と有効性が改めて確認されたとして、現在では接種再開を強く要望しています。当院はこの見解を支持しています。

乳がん

乳がん検診を行っています。子宮がん検診と同時に受けられます。

30 ~ 60 歳代の女性がかかるがんで一番多いのは乳がんです。生涯のうち乳がんになる女性の割合は 50年前には50 人に 1 人でしたが、現在では14人に1人といわれており、年間60万人以上が乳がんと診断されています。これは、クラス会をすれば必ず 1 人か 2 人は乳がんの友人がいることを意味します。しかし、日本の乳がん検診受診率24%は欧米の60~70%はもとよりお隣の韓国の61%と比べても極端に低いのが実状です。また、乳がんは子宮頸がんと違って遺伝的要素が強いので、祖母、母親、姉妹など身内に乳がん(または卵巣がん)の患者さんがいる方は要注意 (ハイリスク) です。

現在の国の乳がん検診ガイドラインでは、40歳から2年に一回のマンモグラフィー( X線 )検査の実施を勧奨しています。そのほかの乳がん検診の検査法としては最近広く行われるようになった超音波エコー検査があります。特に超音波エコー検査は、乳腺の密度が高い若い世代の女性の異常を発見することができる点で、マンモグラフィーより優れているといわれます。超音波エコー検査は、痛みは全くなく10 分程度で終わります。X 線を使わないので繰り返し何回でも検査ができる身体にやさしい検査です。子宮がん検診と同時にいつでも受けられますが、乳がん検診は電話での予約が必要です。

当院では「毎月 1 回自分で乳房を触る自己触診」の方法も指導していますが、早期発見のためには数年ごとのマンモグラフィーと組み合わせた毎年 1 回の超音波エコー検査が理想的なので、ぜひ超音波エコー検査を受けられることをおすすめします。当院では平成 22 年 8 月から最新の「エラストグラフィー機能」を搭載した乳房専用の超音波エコー装置を導入して、より精密な検診を行っています。